ホームページに動画を掲載するマーケティング手法の必要性やメリット

ホームページ上に動画を掲載するマーケティング手法が普及しています。ホームページに制作した動画を掲載することで、コンバージョンの効果やSEOの効果が期待できます。

この記事では、ホームページに動画を掲載するマーケティング手法が普及した背景やホームページに動画を掲載するメリットを解説します。

ホームページに動画を掲載する必要性

あらゆる業界において、企業のマーケティング手法として動画が広く活用されています。文字や画像に代わって動画が主流な伝達手段になりつつあります。

企業のホームページ上に動画を掲載する必要性について紹介します。

動画市場が拡大している

サイバーエージェントによれば、動画広告市場は年々拡大しています。

2020年には2,954億円であった市場規模は2021年に4,205億円に拡大しました。予測ベースでは2022年に5,497億円に到達します。

背景にはスマートフォンやパソコンを利用した動画視聴や再生が一般化したことがあり、今後も動画広告市場は拡大すると予想されます。

このため、自社のサイトやホームページ上に動画を掲載する広告手法もより一般的になるでしょう。

文字や画像の情報伝達に限界がある

従来はホームページ上で文字と画像を表示することによる広告コンテンツが一般的でした。しかし、文字だけでは理解が深まらない、画像だけでは商品やサービスの内容が伝えられないといった問題がありました。

このような広告手法をホームページ上で使っても読者の離脱が発生してしまいます。

一方でホームページ上に動画コンテンツを掲載すると、より多くの情報をより分かりやすく伝えることができます。ホームページと連携して使うことで、より高品質のコンテンツを作ることができます。

ホームページに動画を掲載するメリット

動画広告市場の拡大やホームページ上に動画を掲載する広告手法の拡大の背景にはなにがあるのでしょうか。ビジネスの場面で動画広告を活用することで、企業にとってはさまざまなメリットがあります。

情報伝達量が多い

情報伝達量は動画、画像、文字の順に多くなっています。文字と比較すると画像は7倍、動画は5,000倍の情報量を伝えることができます。さらに1分間の動画では文字に換算して180万語の情報を伝達できます。

マーケティングでは、いかに効率的に多くの情報を消費者に伝えるかが重要です。動画を活用することで、短時間で消費者にアピールすることが可能になります。ホームページ上に動画を掲載する方法によって効率性向上が見込めるでしょう。

SNSで拡散されやすい

ホームページ上で掲載する動画をSNSでも公開することで拡散され、より多くの消費者に商品やサービスをアピールすることができます。拡散されれば、ホームページへのアクセス数も増えるでしょう。

現代では口コミや評判が重視されますので、拡散されやすいコンテンツを作ることで、SNSのユーザーが勝手に拡散して、マーケティングの手伝いをしてくれます。従来のマーケティングよりも低コストで高い効果が期待できます。

販売促進や売上向上につながる

hakuhodo.movieが公表した「動画生活者®統合調査 2019」によれば、「ネット視聴メイン層」「テレビもネットも層」のうち6割は動画視聴後に消費行動にアクティブになるようです。

文字や画像では伝わりにくい情報であっても動画であれば、短時間で分かりやすく情報伝達できます。結果として、消費者の消費行動につながり、売上向上に寄与するでしょう。

まとめ

この記事では、ホームページに動画を掲載するマーケティング手法が普及した背景やホームページに動画を掲載するメリットを解説しました。

2020年や2021年にはホームページの画面に写真ではなく、撮影した動画を設定して、見ている人にクリックしてもらうことで、魅力的なマーケティングができます。また、最後にvideoのサイトやyoutubeに大きく動画をレイアウト(埋め込む)して、視聴することを依頼した際に、印象やイメージが大きく変わる事例もあります。

ポイントとしては、実際に動画によってサポートして、3つそれぞれを目で閲覧して、簡単に音声を選択する可能性を高めることです。目的は新しいトップページのテキストを選択して、大きな部分を関連する操作でコピーすることです。株式会社の制作会社がスマホの機能で初めて提供しました。topの目次にはいくつかの新しい技術やメディアが使われ、おすすめのボタンが増え、別の点が必要になりました。

ホームページと動画を活用したマーケティング手法は情報伝達量が多く、SNSで拡散しやすい、販売促進につながるというメリットがあります。

サービス一覧Service