【初心者向け】映像制作の流れとおすすめ動画編集ソフト3選

「映像制作の仕事に興味があるけど、何から始めたら良いか分からない…」

「初心者で動画編集スキル0だけど、映像制作クリエイターになってみたい…」

そんな方のために、本記事では映像制作の手順や、初心者におすすめな動画編集ソフトをまとめました。

実は意外と敷居が低く、パソコン一つあれば、すぐに挑戦できるのが映像制作の特徴です。

この記事を読み終える頃には、「動画編集をやってみよう!」と感じるかもしれません。

映像制作・動画編集は初心者でも大丈夫?

動画編集をしたことがない方が最も気になるポイントは、「初心者でもやる価値がある?」と言ったようなことだと思います。

結論として、初心者が映像制作・動画編集を学ぶ価値は大いにあると言えるでしょう。

その理由の一つとして、「動画編集がパソコン一つでできるため、比較的始めやすい」といった点があげられます。

また、昨今の YouTubeの流行により動画編集に興味を持つ人も増え、インターネット上には動画編集に関するノウハウや情報が蓄積されつつあり、初心者でもスキルを高めやすいジャンルです。

もし「映像制作に興味があるけど、必要なモノや、動画編集のやり方が分からない…」という方は、本記事を読み進めてみてください。

まずは無料の動画編集ソフトを利用し、簡単な映像制作をしてみることで、自分が動画クリエイターに向いているかどうかを確認してみると良いでしょう。

映像制作における動画編集の3ステップ

まずは映像制作における動画編集の基本の流れを解説してきます。

動画編集を始める際に、主に必要になるのは下記の3つです。

  • パソコン(またはスマートフォン・タブレット)
  • 動画編集ソフト(またはアプリ)
  • 素材(撮影した動画や写真・効果音など)

これらをもとに作成したい映像のイメージを定め、以下の手順で編集作業を行なっていきます。

①動画編集用のソフトを準備

初めに、パソコンに動画編集ソフトをインストールします。

Macなら「iMovie」、Windowsなら「Microsoftフォト」が標準で搭載されていて、無料で使えるため初心者におすすめです。

また、スマートフォンなら「CapCut」というアプリが簡単に動画編集できて人気があります。

プロの動画クリエイターなら、「Adobe Premiere Pro」や「Final Cut Pro X」といった有料で機能の優れた編集ソフトも有名です。

②素材をアップロード

動画編集ソフト、あるいはアプリに、編集したい素材の動画や写真のファイルをアップロードします。

スマートフォンのカメラで撮影したりした動画や写真をパソコンにアップして、編集ソフトで読み込んでみてください。

スマートフォンのアプリで動画編集するなら、撮影したものをそのままアプリで編集できるので便利です。

また、BGMや効果音といった音声素材も必要となります。

素材の用意がない時には、無料のフリー素材サイトなどから、目的に合わせて適宜ダウンロードしてみるのがおすすめです。

③動画を編集する

動画編集ソフトに編集したい素材がアップロードできたら、さらに編集・加工していきましょう。

具体的には以下のような編集作業を行うことができます。

  • BGMや効果音を入れる
  • 字幕(テロップ)を挿入する
  • エフェクトなどを入れて装飾する
  • 不要な部分をカットする
  • 別々のシーンを繋げる

映像を制作する際に行う編集作業は本当にたくさんありますが、初心者のうちは上記のそれぞれの技術をマスターすることを意識していくと良いでしょう。

実際に手を動かして編集作業を積み重ね、表現方法を磨きスキルを向上させていくことで、着実に映像クリエイターを目指すことができます。

上の流れで動画編集を行い作品が完成すれば、映像制作の成功です!

初心者におすすめな動画編集ソフト・アプリ3選

以下では初心者におすすめな、使いやすくて知名度の高い動画編集ソフト・アプリをまとめました。

スマホやPCに対応したソフト、無料で使えるものから有料のものなど、数多くの種類が存在する動画編集ソフトの中から3つを厳選して紹介します。

他にも有料で優れた機能を持つ動画編集ソフトは多くありますが、初心者のうちは気軽に始められる無料のツールを使うのが良いです。

それぞれ比較して、魅力や違いについて解説しますので、動画編集初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

CapCut

初心者の方がお試しとして動画編集に挑戦するなら、まずはスマホのアプリから挑戦してみるのがおすすめです。

動画編集というとパソコンのソフトでやるイメージがあるかもしれませんが、今では便利なスマホ用の編集アプリも増えてきました。

その中でも「CapCut」は無料で使えるのに、動画編集に必要な機能のほとんどが揃っていて、誰でも簡単にスマホひとつで映像制作に挑戦できる高スペックなおすすめアプリです。

初心者の方にはとてもおすすめなので、気になる方はぜひダウンロードして実際に触ってみてください。

iMovie

iMovie」はAppleの提供する動画編集アプリです。

MacやiPhone、iPadなどのApple製品に標準で入っているため、見たことがある方も多いかもしれません。

iMovieは無料で使うことができ、またソフトをインストールする必要もないため、初心者の方にとって挑戦しやすいというポイントがあります。

MacユーザーやiPhoneユーザーであれば、わざわざ有料のアプリを購入しなくてよいのでおすすめです。

Microsoft フォト

Windows10に標準搭載されている「フォト」には、ビデオエディタという動画編集機能が備わっています。

こちらもソフトをインストールする必要がないため、Windowsを使用している動画編集初心者の方におすすめです。

またMicrosoftのソフトなので、クラウドストレージのOne Driveとの連携ができ、動画や画像の管理がしやすい点も大きなメリット。

機能も多く、無料で十分使えるソフトなので、初心者でも気軽に動画編集を始めることが可能です。

初心者が知っておきたい映像制作についてのまとめ

本記事では映像制作の初心者に向けて、動画編集の手順を徹底解説し、おすすめのソフト・アプリを紹介しました。

やろうと思ったらいつでもできる、というハードルの低さ・挑戦のしやすさが映像制作にはあると思います。

今回の内容をチェックしながら、まずは趣味として動画を作ってみて、最終的には個人でYouTubeにアップしてみたり、SNSに投稿しシェアしてみるのも手です。

実際に動画を制作してみることで、自分が動画クリエイターに向いているのかがわかるでしょう。

初めは時間がかかるかもしれませんが、最初からプロレベルのクオリティがある動画を作ることができるクリエイターはいません。

動画編集初心者のうちは、スマホのアプリやお使いのPCに標準搭載されている無料ソフトを使って、映像制作に対して興味が持てそうか試してみるのがおすすめです。

サービス一覧Service