映像制作に必要な技術・スキルとは?仕事内容や向いている人について解説

「映像制作って、どんな仕事があって、どんなスキルが求められるんだろう?」と気になったことはありませんか?

実際の映像制作において、撮影や編集以外でどんな仕事内容があるのか知っている人は少ないです。

そこで本記事では、映像制作の仕事の内容についてまとめ、現場で求められる技術やスキルについて説明します。

さらに「どんな人に映像制作が向いているのか」についてもまとめました。

映像制作の仕事内容

映像制作に関わる仕事は、大きく分けて下記の2つに分類できます。

  • 制作系
  • 技術系

それぞれの業務内容について詳しく内容を紹介します。

制作系

制作系では、アイデア出しから企画立案・シナリオ構成までを行っています。

映像制作においては、まずクライアントとの打ち合わせから、作りたい動画について企画を立案。

企画書をもとに、シナリオライターや構成作家によって、映像の設計図となる「コンテ」が作成されます。

プロデューサーやディレクターといった全体の指揮を取る役職があり、映像制作における重要な仕事です。

それ以外にも、予算の見積りや、出演者への交渉、スケジュールの管理など事務的な作業も含まれます。

技術系

技術系とは、企画と構成をもとに、実際に撮影に携わったり、動画を編集する仕事です。

単に撮影といっても、仕事内容や役職は多岐に渡ります。

たとえば、カメラマンはもちろんですが、加えて音声や音響を担当する役職や、証明・ライトの担当など。

さらに、複数のカメラを切り替えるスイッチャーや、本格的な現場であればクレーンを扱う仕事もあるでしょう。

そして、撮影された映像は、プロのクリエイターによって動画編集され、BGMやエフェクトなどが加工されていきます。

映像制作に必要な技術・スキル

次に、映像制作に必要な技術やスキルについてまとめます。

制作系を目指すのであれば、以下の2つが必要となるでしょう。

  • 企画力・マネジメントスキル
  • 構成力・センス

そして、技術系であれば次の2つです。

  • 撮影・機材の知識
  • 動画編集スキル

それぞれ詳しく解説します。

企画力・マネジメントスキル

映像制作は、すでに見てきたように多くのチームメンバーで行われています。

そのため、プロジェクトを企画し、それを成功に導くために指導するリーダーシップが必要とされるのです。

また、企画の段階では、クライアントとの密接なコミュニケーションが必要となるため、要望の意図を正確に汲み取るスキルも重要となります。

さらに、スケジュールを管理し、納期までに素晴らしい作品を完成させなければなりません。

構成力・センス

映像の撮影にも、「構成」や「台本」が必要です。

もし構成がないまま制作がスタートすれば、最終的に全く理想的でない作品が仕上がってしまうでしょう。

そのため、映像制作における「シナリオライター」や「構成作家」といった仕事を目指すのであれば、構成力は必須のスキルとなります。

また、構成を考える上では、オリジナリティがあり優れたシナリオを作るための「クリエイティブなセンス」も要求されるでしょう。

撮影・機材の知識

実際の撮影で重要となるのは、やはり撮影方法や機材に関するノウハウでしょう。

撮影の中心を担うカメラマンの技術はもちろん、音声にはノイズが入らないようにしなけれななりませんし、照明の当て方に関しても、経験豊富なプロの知識が必要なものです。

カメラ・音声機材・証明機材などの扱い方は一朝一夕で身に付くものではありません。

どのような撮影方法があるのかといったことは、実際に体験しながら、現場で身につけていくスキルでもあります。

動画編集スキル

撮影した映像は、プロのクリエイターによって編集されることとなります。

そのため、主にパソコンの動画編集ソフトを扱うスキルが要求されるでしょう。

映像制作の最終的な完成度は動画編集にかかっています。

単純な切り抜き・効果音の挿入・テロップ入れといったことはもちろんですが、視聴者が楽しんでもらえるように、動画をテンポよく進めたり、わかりやすいアニメーションを挿入したり、編集過程で行うことは多いです。

動画編集について研究するためには、テレビ番組やCM、あるいはネット配信やYouTubeの動画で「どんな編集が施されているのか」を注意深く観察してみてください。

映像制作はどんな人に向いている?

最後に、映像制作がどんなタイプの人に向いているのかをまとめました。

映像制作の仕事には、「制作系」と「技術系」があるとご紹介しましたが、それぞれどんな人におすすめなのか、活躍できそうなのかについて解説していきます。

制作系に向いている人

制作系は、企画やプロデュース、構成作成からクライアントとの打ち合わせなどを行います。

制作系に向いている人は以下のようなタイプです。

  • コミュニケーションが得意な人
  • 企画力の高い人
  • クライアントの要望を正しく汲み取れる人
  • 映像制作ディレクションに興味がある人
  • ストーリーを考えるのが好きな人

映像制作における制作系の仕事は、撮影や動画編集に対して直接的には関わっていないように見えて、映像制作の全ての流れを指揮しているとても重要なものです。

ディレクター的な役割に興味があったり、ストーリーの構成から考えたいような人が向いていると言えます。

技術系に向いている人

実際に動画を撮影して、編集している技術系ですが、以下のようなタイプの人が向いています。

  • カメラ・撮影が好きな人
  • 動画編集の知識がある人
  • 最新技術に知見のある人

撮影に携わるのであれば、カメラをはじめとした、マイクや照明といった機材の使い方についての深い理解が求められます。

また、独自の表現や演出ができる人材も貴重です。

動画編集も、仕事の映像制作となれば、字幕を入れたりBGMを入れたりするだけでは足りません。

最新の編集技術やツールなどを取り入れながら、クリエイターとして素晴らしい作品を仕上げていく必要があります。

まとめ

今回は、映像制作の技術的な観点について触れながら、その仕事内容についてまとめました。

映像制作の仕事は、「制作系」と「技術系」に分類されます。

映像制作といっても撮影や編集だけでなく、企画から構成、クライアントとのやりとり、全体のサポートといったさまざまな仕事があり、一つの作品に携わるスタッフ・役職は多いのです。

テレビ番組やアニメ制作、YouTuberなど、映像に関わる職種に興味があれば、ぜひ映像制作会社のWebサイトなどを調べてみてください。

映像編集未経験の方でも、本記事の内容を参考に、映像制作の仕事に興味を持っていただけたら幸いです。

サービス一覧Service