【無料で学べる】映像制作・動画編集のノウハウをまとめて紹介!

「映像制作に必要なノウハウを知りたい!」という方へ向けて、映像制作や動画編集に関する基本知識をまとめました。

本記事を網羅すれば、誰よりも映像制作業界や制作フローに詳しくなれるでしょう。

映像づくりの仕事に興味のある方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

「映像制作」に関するノウハウ

ひとえに「映像制作」といっても、実際に行われていることは多岐にわたります。

以下では、映像制作に関する次の5つのノウハウについてご紹介します。

  • 映像制作の流れ
  • スキル・技術
  • 動画マーケティング
  • 費用・予算
  • 業務委託

映像制作の流れ

映像制作というと、PCで動画を編集しているだけのイメージを持っている方が多いかもしれません。

しかし、実際にひとつの動画コンテンツを制作するとなると、本格的な現場では以下のような流れで行われます。

  1. ヒアリング
  2. 企画・構成
  3. 撮影
  4. 動画編集
  5. 公開・納品

このように、映像制作において動画編集のは一部の作業です。

撮影と編集以前に、企画に関して打ち合わせが行われ、動画完成後も細かいチェックなどが行われます。

映像制作の具体的な流れについてもっと詳しく知りたい方は、「映像制作の手順とは?企画から動画編集・公開までの一連の流れを解説」をご覧ください。

映像制作の手順とは?企画から動画編集・公開までの一連の流れを解説

スキル・技術

映像制作において必要なスキルや技術は、関わる仕事内容によって異なります。

企画からシナリオ構成を行う「制作系」の仕事では、

  • 企画力
  • マネジメントスキル
  • 構成力

などが必要となってきます。

一方、カメラで撮影したり、動画編集を行ったりするタイプの仕事では、

  • 撮影の知識
  • 機材の知識
  • PCスキル
  • 動画編集スキル

などが求められるでしょう。

映像制作で要求されるスキルや技術についてもっと知りたい方は、「映像制作に必要な技術・スキルとは?仕事内容や向いている人について解説」をチェックしてみてください。

映像制作に必要な技術・スキルとは?仕事内容や向いている人について解説

動画マーケティング

「動画マーケティング」とは、動画コンテンツを利用したマーケティング活動のことです。

具体的には、「映像で企業のブランディングを図る」「商品・サービスをプロモーションビデオで紹介する」といった施策があります。

ビジネスとして映像制作を行うのであれば、マーケティングの視点を持つことが欠かせません。

動画マーケティングの重要性やポイントについては、「動画マーケティングの基本とは?映像制作における3つのポイントを解説」でわかりやすくご紹介しています。

動画マーケティングの基本とは?映像制作における3つのポイントを解説

制作にかかる予算

映像制作にかかる予算は、「どこに委託するか」「どんな作品をつくるか」「時間はどのくらいか」によって異なります。

映像づくりドットコムでの映像制作費用は「料金の目安」からご確認いただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

映像制作にかかる予算の相場については、「映像制作の予算を解説!依頼先・動画ジャンル別の費用相場を比較」でまとめました。

映像制作の予算を解説!依頼先・動画ジャンル別の費用相場を比較

業務委託

映像制作の主な委託先は次の2とおり。

  • 個人クリエイター(フリーランス)
  • 映像制作会社

動画の制作をアウトソーシング(外注)するときは、予算や納期を確認したり、契約を結んだりする必要があります。

業務委託する際の注意点などに関しては「映像制作を業務委託で依頼する際に確認すべきポイントと注意点」を読んでみてください。

映像制作を業務委託で依頼する際に確認すべきポイントと注意点

「動画編集」に関するノウハウ

次に、動画を編集する際のノウハウについてご紹介します。

編集テクニック

動画編集における基本的なテクニックとしては、以下のようなものがあります。

  • トリミング
  • エフェクト
  • テロップ入れ
  • オーディオ操作
  • エンコード・書き出し

上記が使えるようになれば、YouTubeで見られるような動画を作るのは簡単です。

具体的な意味や使い方、動画編集のやり方については、「映像制作の具体的なやり方を解説!動画編集で使う5つの基本テクニック」で解説しています。

映像制作の具体的なやり方を解説!動画編集で使う5つの基本テクニック

エフェクト

動画編集テクニックのひとつに「エフェクト」があることをご紹介しました。

エフェクトとは「効果」という意味で、映像になんらかの加工を施すことを意味します。

動画編集におけるエフェクトの例は以下のようなものです。

  • モーション・アニメーション
  • サウンド
  • カラー・光線
  • スピード
  • コンポジティング・合成

上記のエフェクトについてや、映像制作でエフェクトが果たす役割などについては「映像制作における「エフェクト」とは?意味と役割、基本エフェクト5つを紹介」をご覧ください。

映像制作における「エフェクト」とは?意味と役割、基本エフェクト5つを紹介

動画編集ソフト

動画編集を行うには、通常「PC」と「動画編集ソフト」が必要です。

動画編集ソフトを使うことで、エフェクトをはじめ動画に加工を施すことができるようになります。

最近ではスマホやタブレットで誰でも簡単に使える動画編集用アプリも。

初心者におすすめな動画編集ソフト・アプリは「【初心者向け】映像制作の流れとおすすめ動画編集ソフト3選」で紹介しているので、参考にしてみてください。

【初心者向け】映像制作の流れとおすすめ動画編集ソフト3選

映像制作・動画編集のノウハウまとめ

今回は映像制作と動画編集に関するノウハウをご紹介しました。

映像制作では「業界のノウハウ」を、動画編集に関しては「実践に必要な基礎知識」を知っておくことが重要です。

映像づくりドットコムでご紹介している各記事(コラム一覧)を参考にすることで、誰よりも映像制作に詳しくなれるでしょう。

サービス一覧Service